北海道セキスイハイム工業株式会社

仕事について社員インタビュー

現場が安心して使える設備を。
工場の「ライフライン」は、私たちが守る。

田中 文康2004年入社 製造部 生産技術課

セキスイハイムでは日々住宅の新商品が開発されていますが、新しい仕様に対応できるよう今の設備を改造したり、設計するのが生産技術の仕事です。私のモットーは、現場の声をよく聞くこと。新仕様の導入に際しては、実際に使う工場スタッフにとって一番使いやすいカタチとなるよう、何度も打合せを重ねます。導入後も現場へ出向いて改善すべき点をチェック、さらなる品質追求に努めています。

生産技術のもうひとつの役割に、建物及び設備の保全があります。思い出深いのが、2018年の道内大停電。私たちはすぐに停電した工場へ向かい、全ての設備に異常はないか確認。迅速な対応により翌日からは通常通り稼働できました。社会全体が目まぐるしく進化し、一層のスピード感が求められる昨今。私たちは工場の原動力たる生産設備の進化と保全で、セキスイハイムの挑戦を支えてまいります。