北海道セキスイハイム工業株式会社

仕事について社員インタビュー

成長もやりがいも自分次第。
「チャレンジできる環境」は、本当でした。

加藤 めぐみ2018年入社 技術部 製品技術グループ

専門学校で建築を学んだ経験を活かし、今は主にユニットの施工図を描く業務を担当。施工図に誤りがあるとラインが止まる事もある、責任の大きな仕事です。そこで私は間違えやすい箇所をピックアップした自分専用のマニュアルを作り、ミスを減らす様努めています。入社1年目で分からない事だらけですが、何でも気軽に質問できる環境で助かっています。お昼はお弁当持参で先輩方と「女子会」で盛り上がってます(笑)。

企業説明会で「北海道セキスイハイム工業では色々な体験ができる」と聞き入社した私。その言葉通り、実はいま事務所2階の改装計画を、先輩と二人で担当させて頂いています。新しい事務所は職場環境改善の一環として、キッチンやカウンターテーブルのあるリフレッシュルームをつくる予定。業者との打合せなどを通じて、描いたイメージが形になっていく過程にワクワク。年齢に関わらず挑戦できる環境が整っています。